コリラックマカフェに行ってきた。

コリラックマカフェに行って来た。

元々はハンズカフェなので、簡単に飾り付けがされただけのカフェだったが。

平日だったこともあり、店内は空いていた。

私が通された席にはコリラックマがおらず、ちょっと寂しい気分。

大きなコリラックマと写真を撮る人を横目で眺めながら、内心羨ましいと思っていた。(この時点では)

ところで、コリラックマカフェで提供されるメニューは基本的に割高だ。

普通にお茶を飲むなら何処かの喫茶店を選ぶべきだし、食事を楽しむなら他を当たるべきだ。

あくまでコリラックマの世界観を楽しめる人のみが集うべき場所なのだが、それ故店内は異様な雰囲気。

大半がコリラックマファンということもあって、料理そっちのけで撮影に夢中。

勿論、料理の写真も撮っていたけど、わざわざぬいぐるみ(と敢えて書く)を隣に置き、如何にも彼らが生きているかのように撮影する様は流石に不気味だ。

内心羨ましいと感じた気持ちはいつしか消えていた。

というか、「痛い」というのはこういう状況を指すのだろう。

私も気をつけないと。

そういえば隣に座っていた女性二人がInstagram用の写真を撮る為だけにカフェなどに出掛ける人がいると話をしていた。

「その為だけに出掛ける気力はないわ。」と笑っていたが、料理が運ばれてから30分以上も手をつけずにいた辺り、同じ穴の狢

偶々SNSにアップしないだけで、やっていることは全く同じ。

同じコリラックマファンとしては恥ずかしい気持ちになった。

あ、厳密にはチャイロイコグマが好きなんだけどね。

そんな訳で、それなりに楽しい時間は過ごせたけど、色々考えさせられたひと時でもあった。

iPhoneから送信