複雑

久し振りに、とある駅で降りる。
書店に行く為。
以前は仕事で利用していた駅なのに、今は意思を持たないと降りることさえない。
だからだろうか、駅のホームですら懐かしく思える。
その時、試供品を配る女性が近付く。
どうやら若い女性向けの商品らしい。
有難いけど、複雑。
決して童顔ではないし、それなりに皺もある。
あの人は女性であれば誰でも良いと考えていたのか。
何れにせよ、若くない私が使う可能性は低い。
ハンドクリーム代わりに両手に擦り込もうか。