タブレットで読書

電子書籍を何冊も購入している。
老眼で読みにくいことと、書物の置き場に困っていたから。
それでも紙媒体は減らないけど、出来るだけ電子書籍を選ぶ。
「忍びの国」もそうだったし。
サイコパス」もそうした。
栞が挟みにくい点は未だ慣れないけど、iPhoneさえあればいつでも読める点は有難い。
とはいえ、やはり画面が小さい。
文字は読みやすいけど、時折iPhone plusにすべきだったと後悔する。
一応、iPad miniでも読めるけれど、カバーをつけているから結構重い。
と、ここで思い出したのがDoCoMoタブレット
元々旦那が契約していたもので、今は私が利用料金を払っている。
新月が来たら解約してもらおうとは思っているけど、毎月払っている以上は使い倒さないと。
問題は動作が重いこと。
Googleさえ満足に使えない。
でも、電子書籍なら大丈夫。
予めアプリは入れてあるし、購入した電子書籍も共有出来る。
しかもバンカーリングをつけているから、読書をする際にも不自由がない。
何より軽いし。
何だ、こいつを使えば済むことじゃん。
以前にも文庫本代わりにiPad miniを持ち歩いたが、これからはタブレットを持ち歩くのも悪くない。
そんな訳で、今は「サイコパス」をタブレットで読んでいる。
内容が内容だけに、紙媒体の方が良かった気もするが。