限りなくブラックに近いレッド。

基本、火曜日更新。

コレが黒歴史というものかも…。

オーディオマニアの旦那が展示会に行くというので、一緒に出かけたのは二週間程前の話。
偶々流れていたライブ映像に釘付けとなり、衝動的に購入したBlu-rayがある。
大好きなT-squareのものだ。
気持ちの問題でなかなか見るタイミングがなかったが、漸く今日一通り見ることが出来た。
正確にはライブ部分を。
実は特典映像もあるが、ほんの一部を見ただけで時間切れとなった。
というか、最後まで楽しむ気力をすっかり奪われてしまった。
何故なら、特典映像の一つがある楽曲のPVだったから。
てっきり演奏シーンと思い込んでいた私の前に現れたのは、時代を感じさせる雑な映像。
何故こんなのを作った?と小一時間問い詰めたい程酷い映像なのだ。
映像処理も汚い(としか言いようがない)し、設定(?)も微妙だし。
今更公開しなくても良いとちゃう?と心から思える映像なのだ。
真面目な話、見るに耐えない。
この企画を断れなかった彼らの立場の弱さに同情しつつも、途中で映像を止めたい衝動を抑えきれない私がそこにいた。
夕食の支度をしていなければ、途中で止めていたことだろう。
故に、他の映像を見ることが出来なかった。
少しはマシになっているとはおもうのだけど。
あ、肝心のライブは非常に楽しめました。
そりゃ、展示会で流れていた時に比べれば臨場感にかけるけどね。
次に見る時は特典映像からチェックしよう。