ジャンボうちわの活用法…?

外出から戻り、取り敢えずクーラーをつける。
顔からは汗。
飲みかけの炭酸飲料をコップに移し、一気に飲み干す。
暑い。
洒落にならないくらいに暑い。
そんな状態なので、半ば本気でこんなことを考える。
「ジャンボうちわで扇ごうか」と。
現在、我が家には三本のジャンボうちわがある。
一つは知人からプレゼントされたもので、内心「邪魔なんですけど…」と思ったことを覚えている。
残り二つは自分で購入したものだが、やはり置き場に困っている。
現在は書棚に立て掛けているが、何れは処分を考えないと。
で、このジャンボうちわを使って風をおこそうと思った。
通常のうちわよりも遥かに大きいから、さぞかし心地よい風が吹くに違いない。
扇子であおぐのも悪くないが、今日のように暑い午後はうちわの方が効率的だろう、と。
問題はどのうちわを選ぶかだが、自分で買った二つは大切にしたいので今後も使いたくない。
となれば、戴いたうちわを使うしかないが、これはこれで使う気になれず。
というのも、印刷されたタレントさん(名前は伏せる)の写真を見ながらあおぐのも変だし、裏向きにしたところで気が重いことには変わりはない。
それ以前にうちわそのものが痛んでしまう可能性がある。
思い入れが弱いとはいえ、それなりに保存してきた代物だ。
ここで破壊する訳にもいかない。
結局、手持ちの扇子であおいだ次第。
ま、近い将来「本来の使い方」で活用するとは思うけどね。