全ては自分の責任…なんだけどね。

カラータイプ協会の準会員だった。

そう、過去形だ。
私の不注意で更新手続が行えず、自動的に退会扱いになっているのだろう。
一応更新手続に関する書類が届いていないことは協会側に連絡済だが、今日現在返信は無い。
所詮、その程度の組織(社団法人ではある)なのだ。
 
経緯を説明しよう。
更新手続に関する書類は原則メールで送信される。
本来書面にて行うべきでは?と私は考えているし、今回も当然郵送にて行われると信じていた。
(実は、昨年からメールによる更新に切り替わっていた)
しかも登録済メールアドレスを解除してしまった為、更新に関する連絡が一切届かなくなってしまった。
何しろそのアドレスで登録していたことすら失念していたから、変更の手続もしていない。
当然、音信不通となる。
全ては自分の責任である。
とはいえ、私にも言い分はある。
メールが届いていないことは協会側も把握している訳で、であれば葉書等で確認することは可能だと思う。
単なるメルマガ読者であればばっさり切り捨てられても文句は無いが、一応準会員として所属してきた人間だ。
それぐらいの手間は惜しむべきでは無いだろう。
それ以前に、未だ返信が届かないこと自体如何なものかと。
因みに、送信したのは10日の日曜日。
駄目なら駄目で、その旨を伝えてくれれば済むことなのだ。
 
尤も、協会に対する不信感は今に始まったことでは無い。
縁が無かったのだ、と割り切ることにしょう。