読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いレッド。

基本、火曜日更新。

蕎麦屋の出前

伏字にする必要を感じないので、実名で。
それは5月5日の祝日。
気紛れでFacebookを覗いた私は、FANTASTIC SQUARE@豊洲PITのライブ音源がPLAY BUTTONという媒体で発売されることを知る。
商品の性質上当然だと思うが、この商品は限定販売であり、予め定められた期間内に予約した者だけが購入出来る。
当日ライブに足を運んだ人は当日の引き取りも可能で、それ以外の人は一週間以内に商品を発送するとのことだった。
ライブそのものは火曜日に行われていたから、遅くとも週末には発送するだろう…と勝手に期待したが、残念ながら発売元は素人だった。
まず、商品が基本一つしかない。
必要な時のみ営業を行い、後は開店休業というわけだ。
次に私を激昂させたのが、発送作業が完了していないにもかかわらず、追加販売(キャンセル分があったらしい)の受付を開始したこと。
おかしいでしょ⁉︎
商品の引き渡しすら終わっていないのに、もう在庫処分の話ですか?∑(゚Д゚)
それでも自動受付だから…と己に言い聞かせましたとも。
明日(即ち、昨日の月曜日)にはきっと発送される。
そう信じていましたとも。
ええ、何も来ませんでした。
ということで、クレーマー・しゅうかの出動。
他にも機嫌を悪くする出来事があり、苛々はピークに。
それでもクレームは事務的に…がモットーなので、言葉を選びつつ、メールを打ちましたよ。
曰く、5月5日に発注した商品が来ないよ。
もうライブ終演から一週間が経過しているよ。
代金の支払いは終わっているよ。
追加販売する以前にやるべきことがあったでしょ?…等々、嫌味を込めつつ、文章を組み立てる。
無論、言葉は丁寧にしたよ。
あくまで嫌味だから。
件名にも(確認)の文字を入れておいたさ。
お前ら忘れていないか?ってね。
送信時刻は午後1時22分。
iCloudで送信したので、きっちり記録は残っている。
この時点で、まともな会社なら自動返信メールが返ってくる。
案の定、数分後にメールが来たので確認すると、これがまた酷い内容だった。
件名:商品を発送しました、だとさ。
肝心の文面も、慌てて送信したのか、会社名が一切なし。
受注番号以下の文面は購入時に送られてきた自動メールと全く同じ。
コピペしました?と問い詰めたい気分になる。
それだけでも苛っとくるのに、肝心の追跡番号(コレがあるからレターパックプラスで発送するだろうに‼︎)が記載されていない。
コレは怪しいでしょう、どう考えても。
幸い、受注時のメールに住所が書かれていたので、郵便番号を調べた上、到着日数を確認した。
発送が午前であれば、明日の午前中。
発送が午後であれば、明日の午後。
何しろ速達扱いだからね。
普通郵便とは違うので、万一明日未着であれば第二弾ですよ。
無論、追跡番号を教えてくれとね。
何れにせよ、決戦は明日だ。
不在票(配達時間は多分不在)がない時点で、発送していないことがほぼ確定なので。