iPad miniとの関わり方。

最近になって、iPhoneは16GBでも十分事足りることに気付いたしゅうかです。

基本、標準アプリをフル活用すれば大抵のことはどうにかなるし、後はブログ関係のアプリや画像関係のアプリを放り込めば十分ではないかと。

あ、ちゃんとゲームアプリもインストールしていますよ。

相変わらずパズドラ好きですし、LINEゲームも2種類程。

バッテリーの消耗は気になるものの、どうせ勤務中は触れないから…と開き直っています。

そんな私ですが、iPad miniとなれば話は別。

最低でも32GBはないときついな、とつくづく思います。

以前16GBのiPad miniを使っていましたが、ちょっとアプリをインストールするとすぐに容量が1GBを切ってしまい、泣く泣く不要なアプリを削除した記憶があります。

当時は映画も何本か同期させていたし、PDFファイルも随分と同期していたので、本格的に使用するにはあまりに厳しい状態でした。

おまけに電子書籍まで入れていたので、「こんなことなら32GBを選ぶべきだった!」と本気で後悔した程です。

現在は32GBを使っているので、多少お試しアプリを入れたところでびくともしませんし、以前のように映画を同期させることもしていないので、非常に快適な状態。

ただ、つい先日までパズドラを入れていたので、バッテリーの消耗だけはちょっと気になりましたね。

やはりゲームアプリは入れるものではない…と心に決め、泣く泣く削除しましたよ。

(実際にはiPod touchにデータを移しただけ)

ではiPad miniで何をするのか。

まず、レシピの検索ですね。

ちょっとしたことを確認する際にも、画面の小さなiPhoneよりはiPad miniの方が有難い。

iPadの方が読みやすいのは確かだけど、正直重すぎるのです。

たまに利用することもあるけど、片手で持つことも出来ないので、大抵は炊飯器の上にiPadを置き、目的のページを探すことになりがち。

その点、miniは遥かに軽いので、その辺に立てかけることも容易に出来る訳で。

iPhoneとは違う意味で活用していきたいな、と思っております。

おっと、話がそれましたね。

他にはブログの更新(気が向いた時のみ)、画像の加工、電子書籍の閲覧等を行うことが多いです。

特に電子書籍は(iPhoneに比べて)非常に読みやすく、一時期鞄の中に常時iPad miniが入っていたこともありました。

オフライン状態でも何ら支障はないので、ひたすら地下鉄車内でページをめくったものです。

今はちょっと読む気力が失せているので、「ロスト・シンボル」を放置したまま、次の書物(紙媒体)に手を付けています。

面白い小説だし、嫌いじゃないけど、それでもあの残虐なシーン(何処を指すかはご想像にお任せします)を思うと気持ちが萎えてきます。

ま、今年中には何とかしようと考えてはいますが。

…とここまで書いた時点で、本当に32GBも必要か?と自分でも疑問に思えてきました。

でも、必要なんです。

実はこのiPad mini

幾つかの辞典アプリもインストールしているのです。

本当ならばiPhoneに入れたいけど、容量の問題もあり、それは出来ない状態。

であるならば、大画面でもあるiPad miniに入れてしまえ!と考えたのはいいのですが、これらのアプリはそれなりに容量を圧迫します。

故に32GBは必須と考えています。

尤も、これらのアプリはたまにしか利用しません。

入れておくだけ無駄ともいえそうですが、それでもiPad miniでなければ稼働することも出来ませんから。

ある種の保険みたいなものです。

というか、iPad mini自体がそんな存在かも。

たまには持ち歩くべきかもしれませんね。