読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いレッド。

基本、火曜日更新。

フードプロセッサー

フードプロセッサーが懸賞で当たった。

応募していたこと自体忘れていたので、荷物が届いた時には本当に驚いた。

よく「発表は発送に代えさせていただきます」と書かれてあるが、あれは本当に迷惑だ。

何しろ「忘れた頃にやってくる」から。

それはともかく、我が家に届いたそれは真っ赤なボディを持つ代物で、実は赤が大好きな私のテンションはMaxに。

早速使ってみよう…と思ったものの、幾つものアタッチメントが用意されており、説明書を読んでも今一つわからない。

そのうち時間のある時にでも…と思ったまま、数か月が経過していた。

そして、今日。

栗きんとんを作る為に、サツマイモをゆでていた時のこと。

いつもなら適当につぶしていたサツマイモだが、折角だからフードプロセッサーを使ってみるべきでは。

そう思った私は、慌てて説明書に目を通す。

どれどれ、このアタッチメントを使えばどうにかなるのか。

恐る恐るスイッチを入れたところ、見事なまでにペースト状と化したサツマイモが。

このままでも十分美味しいのだが、一応「栗の甘露煮」を用意していたこともあり、そこから先はいつものようにきんとんを作る。

去年までの苦労は何処へやら。

ゆで時間を除けば、僅か数分でなめらかな栗きんとんが仕上がった次第。

こんなことなら、もっと早くに使いこなすべきだった。

ということで、新しい年にはもう少しフードプロセッサーを使いこなせるよう頑張るつもり。

あくまで予定だけどね。