読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

限りなくブラックに近いレッド。

基本、火曜日更新。

肉筆の友。

馴染みのない地名を書類等に書き記す際、戸惑った経験はないだろうか。

私は何度もある。

若かりし頃は勤務先に備え付けの国語辞典があり、必要に応じて調べていた。

自分専用の辞書を持ち歩いていたこともあるが、今となってはあんな小さな文字では何の役にも立たない。

やはりある程度文字の大きな辞書でなければ。

話はそれてしまったが、つい先日も「灘区の『灘』ってどう書くのだろう?」と頭を抱えてしまった。

あの時はパソコン上でメモ帳を開き、「灘区」と打ち込んだ文字を拡大することでどうにか切り抜けたが、正直今でも「灘区」と書く自信がない。

「難解」の「難」なら自信があるのに。

そんな時に役立つアプリを、iPhoneに入れている。

「DekaMoji」がそれで、例えば「灘区」と入力すれば、比較的大きな文字で画面上に表示してくれる。

残念ながら、辞書ではないので用法等は出てこない。

あくまで文字だけ。

けれど、それ以上何を望むというのだ?

これまで曖昧にしていた部分が明確になることで、正しい漢字を書き記せるならそれで十分ではないか。

早速、「灘区」の「灘」を調べたさ。

てっきり「難」にさんずいをつけただけと思っていたので、間違いに気付いた時は流石に恥ずかしかった。

他にも「蠣殻町」が苦手なので、時間のある時にちょくちょく確認している。

そうそう、「薔薇」の二文字も覚え間違いがあったので、現在修正作業の真っ最中。

少しでも「書き記すことの出来る漢字」を増やしたいと願う、この頃の私だった。