限りなくブラックに近いレッド。

基本、火曜日更新です。

紛失した腕時計。

腕時計を紛失する。

手持ちの腕時計は何本もあるが、日常的に使うものを紛失してしまったのだ。

自宅以外で外すことはないので、恐らく何処かに置き忘れたのだろう。

それが何処であるかが判明すればたやすいのだが、生憎全く思い出せず。

台所の周辺も、パソコンの周りも探してみたが、やはり見つからず。

不安な気持ちのまま数日が過ぎた。

諦めきれない気持ちはある。

けれど、探せば探すほど見つからないのも世の常である。

忘れた頃に見つかるだろう…と敢えて探すのを止めた時、意外な場所から腕時計は出てきた。

何と、寝室にあるスピーカー(但し、利用されていない)の上に置いてあったのだ。

それにしても、何故そんなところに?

心当たりはないものの、もしかしたら洗濯物を取り入れる際に外したかもしれず。

そう、そのスピーカーは窓際にあり、時折私の「荷物置き場」(といっても、洗濯バサミ程度)となっていたのだ。

まさかそんなところで待ち続けていたとは…。

何はともあれ、腕時計は無事に見つかった。

今現在も、私の左手首で時を刻んでいる。