限りなくブラックに近いレッド。

基本、火曜日更新。

買いたいと思ったアルバムがあった

久し振りにiTunes Storeをチェックする。

松岡直也氏のアルバムをチェックしたかったので。

正直、全てを購入出来るだけの資金はない。

自分なりに吟味するしかない。

そう思いつつも、近日中に発売されるアルバムが気になり、偵察に行ったのだ。

結論から言えば、「全て欲しい!」。

何枚かは所持しているが、リマスター盤と言われた日には…。

ところで、私はApple Musicを利用している。

一部アルバムはこちらでも配信されているから、事前のチェックが習慣となっている。

当然、未配信なら買うしかない。

先日もあんみつのアルバムを購入済。

ヘビロテの一つですわ。

で、松岡直也氏だが、欲しいアルバムは全て配信されている。

ラッキー!

特に「夏の旅」はリマスター盤で聴いてみたかったのだ。

ありがとう、Apple Music。

月額980円で聴き放題なら、これ以上のことはない。

という訳で、今回は購入を見送った。

でも、ダウンロード可能ならiTunes Storeでも買うよ。

CDに拘るつもりはないし、その方が何かと楽なので。

iPhoneから送信

簡易ウォークマン

f:id:ippikiohkami:20170711232342j:plain

先週末、T-SQUAREのライブに足を運ぶ。

敢えて予習もせず、ただ音だけを楽しんだ。

改めてアルバムを聴き、やはりライブが一番と痛感。

で。

ツアーグッズの一つにカセットテープがあった。

一応専用デッキも付いていたが、正直使い道のない代物。

当然、購入は見送るつもりでいたが、ステージ上で何度もアピールする伊東さんに背中を押され、終演後に一通り買っていたミーハーな私がいた。

さて、説明書を見ながらデッキを動かしてみる。

簡易ウォークマン故イヤホンなしでは聴くことも出来ない。

コレは不便だ…とぼやきつつも、お気に入りのイヤホンを差し込んでみた。

なるほど、音が荒い。

移動中に聴いていたせいでもあるが、雑音が多いこと多いこと。

おまけにA面B面の切り替わりがスムーズじゃないし。

それでも妙に楽しいのはデッキの色が赤だったから。

如何にもおもちゃっぽいデザインが私のツボで、それ故ついつい持ち歩きたくなるのだ。

出来れば他のアルバムもカセットテープにして欲しいぞ。

そんなことを呟きながら、明日も簡易ウォークマンでアルバムを聴くのだろう。

杞憂であればいいけど。

楽しみにしていた、番組があった。

放送時間が深夜の為、予め録画予約をしていた。

翌日、胸をときめかせながら録画を見た。

信じられないことが起こった。

既に放送されていたものと全く同じだったからだ。

番組名が異なるにもかかわらず。

それがテレビ局側のミスであることはTwitterで知った。

改めて本来放送すべき番組を放送するという。

しかし。

やはりテレビ局はわかっていない。

散々ツイートにて指摘されているにもかかわらず、相変わらず「既に放送された番組」を流そうとしている。

タイトルだけではなく、中身も確認してくださいね、と釘を刺されていたにもかかわらず。

不吉な予感がする。

同じ番組を3度も流すなんて、プロの仕事ではない。

一応予約は入れたものの、クレームを入れる準備をしている私である。

因みに、内容は映画の宣伝なので、今の時期に放送しなければ意味がないことを申し添えておく。

(きっと××が嫌いなんだろうな、関西のテレビ局は)

在宅していたから良かったけどね。

不在票が入っていた。

野暮用で出かけている間に郵便が届いたらしい。

あいにくポストに入らないので、持ち帰った訳だが。

事前に連絡があれば無駄足を踏ませないのに。

その点クロネコさんは助かる。

全部ではないもの、配達予告が届くので調整は可能。

こういうシステムが定着すれば良いのに。

さて、帰宅後の私は再配達の依頼をする。

確実に在宅している時間帯となると、午後7時以降だ。

出来れば早い時間帯が良いけど、それを選べない事情がある。

ということで、泣く泣く遅い時間帯を指定。

ちゃんと確認のメールも届いた。

当然、再配達は夜だと思っていた。

まさか午後5時に荷物が届くなんて夢にも思わず。

正直、早い時間帯の配達は嬉しい。

偶々在宅していたし。

けれど、依頼したのはそれより遅い時間。

もし不在だったら再び葉書を入れる気だったのだろうか。

万一そういう事態に陥った時は直接電話を入れるけどね。

初めから午後7時以降でお願いしていましたよね、と。

iPadから送信

考えさせられたこと

心理学に詳しい人ほど例外を認めない気がするのは、私だけだろうか。

世の中には絶対などなく、それは人間心理とて同じこと。

心理テストの結果に納得出来ない人が一定数いるように、統計だけでは読み取れない事実も存在する筈。

例えば、私のiPhoneカバーは赤。

偶々ストラップ用の穴が開いているケースがアカウントだっただけで、実は色にはさほど拘っていない。

でも、ここから何かを読み取ろうとする人もいるのだろう。

違うんだよな、と私は思うけど。

勿論、そういう人ばかりじゃないことは知っている。

知っているけど、何か怖いものを感じているのだ。

うまくは書けないけど。

iPhoneから送信

新しいパンツを買ってみた。

新しいパンツを買いたいと思った。

本当はスカートの方が好きだけど、取り敢えずはパンツが欲しいと思った。

そこで重い腰を上げ、とある量販店に足を運んだ。

これなら…と思えるパンツを見つけ、試着をする。

少し大きい気もするけど、これだけゆとりがあれば大丈夫。

問題は色だが、悩んだ挙句ダークイエローを選ぶ。

実は紺色もあったのだが、心が動かなかった。

そんな訳で、早速明日から履くことにした。

新しいものは気持ちを上げるね。

iPhoneから送信

疲れました

午前9時
予約していた歯医者に行く。
帰りに銀行で入金し、帰宅。
取り敢えずiPhoneを充電。
その間、洗濯物を干したり、ゲームをしたり。
そうして小一時間が過ぎ、改めてiPhoneを見る。
画面がおかしい。
アップルマークが表示されていたのだ。
あれ、再起動されたのかな?
その時は軽く考えていた。
甘かった。
この後再起動を繰り返すiPhoneに振り回され、何も出来なくなる。
そう、壊れたのだ。
一応やれることはやった上で、無駄と知りつつdocomoショップへ。
予想通りApple Storeに行くことを勧められ、その足でStoreに。
そこで告げられたのはキャンセル待ちで良ければ3時間後、という厳しい現実。
でも、待つしかないでしょう。
わかりました、と告げた私は一旦帰宅。
雑多な処理をした後、再びApple Storeに。
待ち時間は思ったよりもなかった。
一通りの説明をし、一通りの処置を試みた後、本体ごと交換する旨を告げられる。
保証期間内なので、お金はかかっていない。
そんな訳で、どうにか新しい?iPhoneを手に入れた私。
敢えて復元はせず、必要なものを少しずつ入れている。
案外、無駄が多いのね。
ついでに旧iPhoneまで初期化され、私は二台分をせっせと復元中。
スッキリしたのは良いが、壁紙用の画像がないよ。
さて、どうしたものか。
結論はまだ出ていない。



iPhoneから送信